FC2ブログ

Welcome to my blog

Wave of Aroma

暮らしに香りの力をとりいれて、ゆったりと生きよう。

 樹脂なのに、フレッシュ!な”エレミ”

樹脂の精油は、あまり数は多くありませんが

わりと「重め」な感じの香りが多いですよね

ミルラ、ベンゾインあたりは特に重たい...


フランキンセンスは産地やメーカーによってだいぶ差があって

重い香りのものもありますが

ぱっと香りが立つタイプのものもあり、

そういうのが好みという方もいらっしゃると思います

何をかくそうこのワタクシも^^



エレミの精油は、そんなひと向きの香りだと思います


わりとマイナーな精油でしょうか?

わたしも名前は知っていてもあまり触れる機会がなかったのですが

あるとき原料樹脂の香りを試す機会があり、

ひと目(ひと嗅ぎ?)で大好きになってしまいました♡




エレミは学名をCanarium luzonicumといい、

フィリピンなど熱帯地方に生息するカンラン科の樹木です

精油は木の樹皮に傷をつけて採取される樹脂を水蒸気蒸留して得られます



なんといっても良いのはその香り...

フランキンセンスにやや似た樹脂系の香りに、

レモンのようなフレッシュさと

少しブラックペッパーのようなスパイシーさが加わった、

爽やかでいて渋さもある、なかなかオトコマエな香りです(笑)



樹脂は薫香、健胃薬、去痰薬として

また筋肉や皮膚に対する軟膏薬として用いられてきました



精油の成分は、半分以上がリモネン!


リモネンといえば柑橘系の精油が多く、樹脂精油でこの配合は

めずらしいですね〜

リモネンには抗菌、抗ウィルス作用、血流増加作用があります


ついで特有成分のエレモールなど、セスキテルペンアルコール類が約2割ほど

こちらは静脈の滞りをほぐす作用があることで知られています


このような組成のため、刺激を引き起こす強い成分はほとんど入っていません




エレミを使うなら...


まずはスッキリとした良い香りを楽しむこと♪

抗菌・抗ウィルス作用をもつ成分も含んでいるので

レモンやオレンジなどの精油と合わせて

空気清浄&芳香のためのスプレー作りやディフューズに向いています


香水では、香りを長持ちさせる保留剤としても使われているそうなので

手作りコロンやルームコロンにもいいですよね



また静脈瘤や血行不良など

静脈のトラブル解消用のブレンドに加えるのもよさそう!


樹脂の精油は「傷を修復する」という樹脂そのものの存在目的から、

たいてい肌や筋肉の組織の修復をサポートする作用があります


クリームや美容オイルなどに加えたり

スポーツ時のマッサージオイルにプラスするのもいいですね。


花や柑橘の精油のような華やかさはないけれど

地味に存在感のある精油だと思います


エレミ



参考文献:「カラーグラフで読む精油の機能と効用」フレグランスジャーナル社


**********
アロマウェーブショップにてお取り扱い中

スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment