FC2ブログ

Welcome to my blog

Wave of Aroma

暮らしに香りの力をとりいれて、ゆったりと生きよう。

 洪水。

とっても長らく更新が途絶えてしまいました~


日本でもかなり大きく報道された、今年のタイの洪水。


わたくし今回、被災者となってしまいました(^^;



友人のいるアユタヤが冠水したのが10月初め

それから、「来る、来る」と言われ続けて2週間。

私の住むタンヤブリ周辺は、それでも限られた地区の浸水しかなく

ごく平常の暮らしが続いていました。


運河の多い地域で、我が家のそばでも、軍の重機が来て運河沿いを掘り起し

土手を作っているのを見て、これからどうなるのかな、と思っていたのですが


10月20日を過ぎたころ、ついに我が家周辺でも浸水が始まりました。



こちらの洪水は不思議な感じです。

日本のように川や運河が急激に氾濫して、そこからドバーッと水があふれてくる、

というのではなく


まず道路わきの下水溝がいっぱいになり、

あちこち水たまりができ始め、

それがじわじわと広がって、ついには道路一面が冠水。

そしてその水かさが、またじわじわと増えていく…


そんな感じです。


namtuam.jpg


先に冠水が始まっていた、ショッピングモール「フューチャーパーク」周辺

(10/18頃)

走っていると車の下で、ザッパンザッパン音がします(汗)




タイの家は周囲が多少浸水しても、電気も水も止まらないので

タイ人は家に籠って過ごす人も多いようですが

下水は使えなくなり、移動手段や感染症などの問題もあるので

私たちは一時避難することを決めました。



最低限必要な荷物と貴重品、そして4匹の猫を乗せ、車で脱出しました


namtuam2.jpg


避難当日の近所の様子

(うちではありませんが、ほぼこんな感じでした)




避難先は、ちょっと遠いところでした

友人が家を貸してくれることになったので、

イサーン地方(東北)の、ウドンタニーという町へ車で移動し

現在まだ滞在中です





避難した後、わが家の周辺地域はどんどん水かさが増していったようで

大通り(ランシット-ナコンナーヨック通り)は横の運河と道路の区別が全くつかなくなり

近所のテスコロータスも完全浸水…



2週間ほど前に、家のあるムーバーン(住宅団地)のオフィスに電話で確認したところ

団地内は70㎝ほど水がある、とのことでした(>△<)





そして今日、やっと水が引いてきたということで

主人が今、友人とともに家の様子を見に行っています


といってもまだ、団地内は3,40㎝の浸水があるそうなので

途中から船で移動する必要があるそうです

自宅は果たしてどうなっているんでしょうか…




タイの洪水。

まだ終わったわけじゃないんです。




スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment