FC2ブログ

Welcome to my blog

Wave of Aroma

暮らしに香りの力をとりいれて、ゆったりと生きよう。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 黒糖の願い

わが家では、砂糖はあまり使わないのですが

(コーヒーも紅茶も基本的にストレート)

あえて必要という場合は、黒糖(黒砂糖)を使っています


あ、色の薄い和食...だし巻きなどを作る時は、

例外的に三温糖をつかうこともありますが...



しかしタイに来て、普通の大型スーパーでは黒糖はあまり売っておらず

白いグラニュー糖や薄いアメ色のものばかり~




で、日本食のスーパーで、やっと見つけた黒糖。



その名も「さとうきび砂糖」

kokutou1.jpg






裏面を見て、不覚にも吹き出してしまいました


kokutou2.jpg


そこにあったのは

声に出して読みたい日本語



いろいろな用途に使用されるように!!

という、強い願いをひしひしと感じさせる、力強い文章です



ぜひ、声に出して読んでみてください

そう きっとあなたも笑顔になる(^-^)



タイには、こんなステキナ日本語がそこかしこにあります(笑)




残念ながらわが家では、ケーキやクッキー作りには使用しておりませんが

最近は飲料水関係にて大活躍です



まず、夫は朝の「ショウガ紅茶」にはまっていまして

普通に入れた紅茶に、おろししょうがと黒糖を入れたものを

かかさず飲用しています


あたたまってお腹の調子がいいんだそうです




そしてわたしが今はまっているのは

Sangsomの黒糖割り

Sangsom というのはタイでポピュラーなお酒で、その正体はラム酒です




ちいさなショットグラスに黒糖をスプーン1杯くらいいれまして

そこにSangsomをそそぎいれます

少しかき混ぜて、底に黒糖が沈んだ状態のまま、生でちょっとずつどうぞ...

(強いお酒なので、強すぎるーという場合は水かお湯で割ると良いかもしれません)



これは、以前沖縄にいたとき

今はなき「バッカスの胃袋」という波之上にあった地ビールレストランにて

その時生まれたての創作カクテルとして出していただいた

「原点」というカクテルを、思い出して、まねしてみたものです



オリジナルの「原点」は、ヘリオスラム(沖縄のヘリオス酒造がつくったラム酒)に

沖縄の黒糖をつかっていました

シンプルなのにすごく美味しくて、新鮮な驚きを感じたのを覚えています



ラム酒はサトウキビのお酒だけに、

黒糖とは相性が良いんですよね





甘いカクテルは苦手な私なのですが

この組み合わせは、黒糖のうまみと渋みが加わるので

とても美味しくいただけます

興味ある方、一度お試しを~

(口当たりが良いので、飲みすぎ注意です!!^^;;)



スポンサーサイト

- 1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/06/02 (Thu) 13:00 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。