FC2ブログ

Welcome to my blog

Wave of Aroma

暮らしに香りの力をとりいれて、ゆったりと生きよう。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 タイ人とタイマッサージ

先日、タイ人のお客さまが我が家に滞在されました。ボランティアでお世話になっているご夫婦です。
数日間の滞在の半ばで、ちょっと疲れたので、奥さんとわたしは近所のマッサージ店に行くことに。
そこはローカル、かつ、リーズナブルな、わたしの行きつけの地元店。もちろんガイドブックには載っていません(そしてタイ語しか通じません^^)。
そこで二人して、タイマッサージ2時間コースを受けました。

ちなみに、タイマッサージはタイでは2時間が基本なのです。足の先から頭のてっぺんまで、本当に丁寧に施術をしてもらうことができます。
1時間コースはどちらかといえば「短縮コース」という感じですね。しっかりタイマッサージを満喫するには、やはり2時間受けたいもの。

さて、終了して、すっかりスッキリ爽快となって帰ったわたしたちでしたが、翌朝、奥さんが軽くダウン…午前中の予定もキャンセルされ、休んでいました。
聞くと「あなたは弱くもんでもらったでしょう?わたしのは強かったから、だるくなったの。でも休めば大丈夫よ」と。

その翌日には、確かに元気になっておられましたが、わたしはなんだか恐縮してしまい、「なんだかマッサージにお連れしたせいでだるくさせてしまって申し訳ないです」と言うと、「マイペンライ(大丈夫)よ~。弱くしてとも言えたけど、わたしはここ(肩)に悪いところがあったから、セン(経絡のようなもの)をしっかりもんでもらう必要があったのよ。だから良くなったわよ~」と笑顔で言われました。

なるほど…そうですよね。タイ人なのだから、力加減を伝えることぐらい、簡単なはずです。
でも、こちらでは治療としても行われているタイマッサージ。
好転反応がでること覚悟で、しっかりやってもらいたかったのですね。それをちゃんと分かっているタイ人の皆さま。さすがです。


ローカルマッサージ店

スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。