FC2ブログ

Welcome to my blog

Wave of Aroma

暮らしに香りの力をとりいれて、ゆったりと生きよう。

 さくらのお茶

最近ちょっとマイサバーイ(元気の反対)気味です。
気候のせいかな~

更新もすっかり滞ってしまってすみません。


さて。

だいぶ前に、日本からのお土産でいただいていた「桜のお茶」を
久しぶりに飲みました。

お茶の葉は入っておらず、塩漬けにしたさくらの花だけでできています。

さっと水ですすいでから、お湯をそそぐと・・・

こんなにきれいな水中花・・・いや、湯中花?のよう。
飲むのがもったいない。

さくら茶


さくら色って、本当に微妙な色あいですよね。

限りなく白に近いピンク、入っているのかいないのかっていうくらいの紅色。
まあ、桜にもいろいろな種類があるので、濃いいピンクのもありますけど・・・

沖縄にいたのが長かったし、こういう日本らしい桜はずいぶん長いこと見ていないなあ。


色もそうですが、さくらの花のこの香り。

イランイランやジャスミンなどの、南国の花たちの対極にいるというか・・・

甘みではなく、どちらかというと渋み?
嗅覚を研ぎ澄まさないと、感じ取れないくらい控えめな香り。

自己主張はしないけど、存在感はしっかりある。
まさに侘び・寂びの世界・・・


「桜の香り」のエッセンシャルオイルは存在しません。

(人工的に合成されたフレグランスオイルでも、桜そのものの香りというのは見たことありません。
あくまでもイメージだけ。)

桜のお茶にするのは、八重桜だそうです。七部咲きの頃に塩漬けにするんですって。

あ・・・桜もち食べたくなってきてしまった。

さくら茶2

スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment