FC2ブログ

Welcome to my blog

Wave of Aroma

暮らしに香りの力をとりいれて、ゆったりと生きよう。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 イランイランの花

先日、アロマテラピー講座の授業で「イランイラン」を取り上げたとき、生徒さんのお一人が
「わたしのマンションに、これと同じような花の木がありますよ」とおっしゃいました。

とっても甘い強い香りのする花で、色形と甘い香りから、子どもたちは「バナナの花」なんて呼んでいるとか。
本当のバナナの花は、バナナっぽくないんですけどね(笑)

さっそく次の授業のときに、現物を持ってきてくださいました。

イランイラン


よく見る写真のものよりも、花弁が肉厚なかんじですが、確かにイランイランのようです。
同じイランイランという花でも、いろいろな種類があるのだと思います。

これは、おそらく「タイの」イランイラン。(タイ語ではガダンガー)
わたしも本物の花は初めて見ました。

香りは、ほんっとに甘くて、花というよりもフルーツっぽい!
昔あった、ミックスジュースガム(黄色いラベルの…)みたいなにおいがします。
クンクンかいでいたら、おなかがすいてきました(笑)


そして最近、あるローカルな地域を友人たちと歩いていたら、この花が咲いている木を発見。
皆で興味津々で見上げていると、そこの家のタイ人のおじさんが、わざわざ花を摘んで持ってきてくださいました。

でも、かいでみても、ナゼか香りがほとんどしないんですよね。
なんでかな~と思っていると、おじさんは、「夕方になると、香りが出るんだよ」といいました。
その時はお昼前だったので、一応咲いてはいたけど、あまり香らなかったようです。
一緒にいた友人は、「なんか月下美人みたいね~」と言っていました。
チャンスがあれば、ぜひ夕方に見て(匂って)みたいです。

 
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。