FC2ブログ

Welcome to my blog

Wave of Aroma

暮らしに香りの力をとりいれて、ゆったりと生きよう。

 ハーバルボール

年明け早々に、夫がお腹をこわしました。腸炎との診断。いったい何に当たったのか原因も不明。病院に行ってだいぶ良くなったのですが、身体を温めたほうがいいかも、ということになり、ちょうど二人ともかなり疲労が溜まってきていたので、ハーバルボールのマッサージを受けに行くことに。

ハーバルボールとは、さらし・・・さらしって古いか、コットンの布ですね、にハーブを詰め込んで丸い形に整えたのを、蒸して温めたものです。そのあったかいのを身体に押し当てながら、マッサージをしていく、という、聞くだけでもと~っても気持ちの良いセラピーなんです。

今回行ったのは、アジアハーブアソシエーションという、日本人がオーナーのお店。日本語のできるスタッフが常駐しており、お客さんも半分かそれ以上日本人、という感じです。

オイルマッサージ+ハーバルボール90分のコースを選んでみました。先にシャワーをどうぞ、ということだったのですが、水シャワーだけだったので諦め、すぐにマッサージをスタート。
わたしを担当してくれたのは、ニコニコしたおばちゃん。まずはオイルマッサージ。手がとても厚くて、圧加減が非常に気持ち良いです。オイルはアロマは入っておらず、無色無臭でサラッとしており、多分ホホバかな?
それにしても、マッサージ台ではなく、タイマッサージ用の低いマットレスの上で、やってて腰痛くならないかな?などと思わず心配してしまいましたが、おばちゃんは大丈夫なようでした。

全身ほぐれたところでボール登場です。しっかり蒸しあがった「あちこーこー(あっつあつ)」のボールを、タオルに包んで当てて行きます。最初は腕の付け根から。ハーブの香りがぷ~んとして、これがまた大自然の香りというか、レモングラスを中心にちょっと漢方系なのですが、とてもリラックスする香りなのですね。(そうそうレモングラスのシトロネラールには鎮静作用もあるのでした)。
全身くまなくこれで圧をかけつつ温めてくれるのですが、特に気持ちよかったのはお腹と肩甲骨まわり、それと足のうら。お腹はグーッとツボ押しされ、丹田のあたりからぐわーっと熱が入っていくよう。内臓まで温まりそうです。足うらも一気に循環が良くなっていく感じがしました。
終わった後は、まるで温泉あがりみたいにポッカポカ。夫も、顔色が青ざめていたのがやはりお風呂あがりのように血色良くなっていました。

冷えはいろんな病気の元ですから、温めるのはとってもいいことで、それをハーブでおこなうというのは、考えてみるとなおさら素晴らしいことなわけです。タイやインドには昔からあったのに、どうして日本にはないんでしょう?それともあるのでしょうか?そういえば、「薬湯」などとも、ちょっと共通しているのかもしれません。
なにはともあれ、とてもサバーイサバーイ(気持ちいい)なセラピーなのでした。ふ~。
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment