FC2ブログ

Welcome to my blog

Wave of Aroma

暮らしに香りの力をとりいれて、ゆったりと生きよう。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ラオス風サンドウィッチ

ビエンチャン~ウドンタニーの旅②

ラオスはフランス統治下にあったため、フランスパンが有名で、それを使ったサンドウィッチがおいしい。

…という情報が、ビエンチャン行きの直前に入りました。

そんなわけで、2日目のランチはこの「ラオス風サンド」を食べに行くことに。
情報誌にはサンドウィッチが食べられるお店が何件か紹介されていたのだけど、その中に1件だけ、地元特産の素材を使っているところがありました。
他のところは、サブウェイなどでも見かけそうな、レタスにキュウリに玉ねぎに、ロースハム又はツナ・・・といった普通の具のもの。もちろんそれもすごく美味しそうでしたが。

お店の名前はP.V.O.。
メコン川岸にあり、なぜだかレンタルバイクショップも一緒になっています。

川側のオープンエアーの席に座り、早速注文。
ラオス風サンドウィッチ、ハーフサイズ7000キップ(約70円)、ホール(つまりフランスパン1本分)、14000キップ。そのまんまです。
ってことで夫と二人で、ハーフサイズを2個注文。

運ばれてきたそれは、思ったよりもボリューム感いっぱい。

はさまれている具は、ヨーというベトナム風のハム、ラオス風焼き豚、にんじんと青パパイヤの千切り、根付きの浅つき、パックチー(香菜)。そして甘辛いタレがかかっています。

ラオス風サンドイッチ


具の味覚は、ハーブタップリでまさにアジアンなのですが、いや~これがパリッとしたフランスパンによく合うのです。驚きでした。
浅つき、パックチーの香りがとても清清しくて、しつこくなく、お腹いっぱいのボリュームでしたが最後まで飽きずに食べられるんですよね。

これ、なんでタイにないんだろう?と不思議に思いましたが、家でもぜひ作ってみたい一品です。

雄大なメコン川を眺めながらいただく、アジアな香りのサンドウィッチ。拍手をあげたい味でした。

メコン川 (乾季でかなり干上がっている)
メコン川

スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。