FC2ブログ

Welcome to my blog

Wave of Aroma

暮らしに香りの力をとりいれて、ゆったりと生きよう。

 ビエンチャン~ウドンタニーの旅①

先週、こちらに来て初めての、旅らしい旅に出かけてきました。
行き先は、ラオスのビエンチャンと、タイの地方都市ウドンタニー。

ビエンチャンはラオスの首都ですが、もうびっくりする程のどかで小さな町でした。
高層ビルもなく、派手なネオンもほとんど見られず、タイの田舎町の一つといってもいい感じ。

ビエンチャン市街


ですが、ところどころにお洒落なカフェやレストランバー、そしてたくさんのゲストハウスが点在し、やはりただの田舎町ではないのでした。
かつてフランスの統治下にあったラオスだからなのか、フランス人や他のヨーロッパ諸国からの観光客がとても多かったです。

宿泊したのは、ナンプ広場という噴水公園の傍の、MALIというゲストハウス。
友人の推薦でここにしたのですが、明るく清潔な部屋にホットシャワー、スタッフの方たちも優しくて、なかなか居心地のよいゲストハウスでした。
建物に囲まれた小さな中庭がまたとても素敵な空間で、ここでいただく朝食は、ちょっとしたリゾートにいるような気分。

ゲストハウス


同じく公園近くにある、コープチャイドゥーというバー&レストランもおすすめです。近かったせいもありますが、落ち着いた雰囲気とリーズナブルな価格が気に入って、2回も行ってしまいました(^^)
(木曜の晩は、主なカクテルが20000キップ(約200円)均一で楽しめますよ♪)

ナンプ広場の水の出ていない噴水池は、昼間は子供たちのプールと化していました(笑)

ナンプ広場噴水


とにかく何処もかしこも「のんびりまったり」としていて、時間の流れ方が違います。
とりわけ喧騒のバンコクから来たわたしたちにとっては、とっても神経の休まる休暇となりました。

ラオスといえば、わたしも最近知ったのですが、コーヒーの美味しいところなんですね。深入りで真っ黒なフレンチローストのラオスコーヒーは、意外と苦くなく、こうばしい香りとほのかな甘味を感じます。
普通のカフェでおいしいコーヒー1杯6000キップ(60円)くらいです。

コーヒー以外にも、ビアラオ(ラオスビール)やサンドイッチ、ラオス風鍋など、いろいろと美味しいものがたくさん・・・。
あと、余談ですがラオスにはかっこいい男性も多い気が。ゲストハウスでも、レストランでも、なんだかどこでもイケメン揃いだったのですよ。

日本にはまだあまりなじみのないラオスですが、アジアでのんびりと過ごしてみたい方、機会があれば一度いかがですか~?

スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment