FC2ブログ

Welcome to my blog

Wave of Aroma

暮らしに香りの力をとりいれて、ゆったりと生きよう。

 好きな香りをピースにしてみよう

唐突ですが、今これを読んでくださっているあなたの

好きな精油の香りはなんですか?

その時々で好きな香りも変わったりしますが、

それでも結構「いつでも安定して好きな香り」ていうのもありますよね。



この『好きな香りの傾向』というモノを、

ときには「芳香成分」から見てみるというのも、

ちょっと面白くっておすすめです。



わたしの好きな精油で試しにやってみますと、

常に好きな香り上位にランクインするのは

・フランキンセンス

・バルサムファー

・ブルースプルース

・パイン

・ベルガモット

最近これに、・エレミ が加わりました。

他にもこぶみかん、プチグレン、サイプレスなんかも好きですが

多くなりすぎるんでこれくらいに。



まあパッと見、植物やアロマの知識をお持ちの方なら

「あ~、樹木と樹脂と柑橘が好きなのね~!」

ってすぐに傾向が分かるかもしれませんね。

まあ、その通りです(笑)



でも、柑橘なら何でも良いかっていうとそうでもないし…

樹木系も全部大好きというわけではありません。



そこで上のリストの精油を特徴成分で見ていくと、

・フランキンセンス:α-ピネン、リモネン、ミルセン

・バルサムファー:β-ピネン、α-ピネン、リモネン

・ブルースプルース:α-ピネン、リモネン

・パイン:α-ピネン、β-ピネン

・ベルガモット:リモネン、酢酸リナリル、β-ピネン(少量)

・エレミ:リモネン、エレモール、α-フェランドレン



こうしてみると、共通成分の多いこと多いこと…

要するにわたしは、

ピネン系とリモネンの入っている香りが主に好きなのだなあ~

と、納得。



上記でも、たとえばパインなんかは、

単独よりもベルガモットなんかと組みあわせた方が好きなんです。

ほかに好きな組み合わせはフランキンセンス&バルサムファーなんですが、

多分これはα-およびβ-ピネンとリモネンが

ちょうどいい感じでブレンドされるからなのかも。



ちなみに、α-ピネンとβ-ピネンって、

単体でかぐと結構香りが違うんですよ。



こんなふうに、好きな香りを、成分という「ピース」に

バラして眺めてみるのも、とても面白いですよね。



芳香成分と聞くとちょっと抵抗を感じてしまう

やや「化学アレルギー」ぎみの方でも、少しリラックスして楽しめると思います。

きっと、新たな発見があるかもしれません!?

ぜひ、試してみてください。
 
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment