FC2ブログ

Welcome to my blog

Wave of Aroma

暮らしに香りの力をとりいれて、ゆったりと生きよう。

 マカダミアオイルでメタボが・・・?!

少し前のことになりますが、インターネットのニュース記事で

「オイルマッサージでメタボ改善 マカダミアナッツで効果実証」

という記事が出ていました。

(msn産経ニュースより)



大阪大学の大学院研究科のグループが行っている研究だそうです。



この記事によりますと、臨床研究は

対象者をマカダミアナッツオイルとココナツオイルの

2つのグループに分け、

さらにそれぞれでオイルマッサージを受ける日と受けない日とに分けて

糖尿病検査で使うブドウ糖水溶液を飲んでもらい、

血糖値の変化を測定するというものでした。



すると、

「マカダミアナッツオイルの施術を受けた場合だけが他に比べ、

血糖値が有意に低下した」とのことです。(カッコ内は記事を引用)



カギとなる成分は、マカダミアオイルに特に含まれている成分

「パルミトレイン酸」です。



メタボの典型的な症状には、

糖尿病とも関係する「インスリンの作用不全」があり、

その改善にパルミトレイン酸が寄与することを、

この研究グループはつきとめたそうです。


(こちらの記事)

http://sankei.jp.msn.com/life/news/131210/bdy13121008260000-n1.htm




さて、この記事は、2つのことを示していると思います。



ひとつは、アロマテラピートリートメントの効果をもたらすのは

精油の働きだけではないこと。



2つめは、精油成分だけでなく、キャリアオイルに含まれている成分も

皮膚から体内に吸収される、ということです。



これが真実なら、精油はもちろんキャリアオイルも

やはり注意深く選ぶ必要があるということになりますね。

そして、サロンの施術においても、

受け手のニーズに合わせてキャリアオイルを変えることが考えられます。




それにしても...

「分子の大きな物質は、皮膚を通過できない」というのが

これまで言われてきたことですが、

実際にどの程度まで皮膚というバリアは物質を通過させるのか?



そのあたりはこれからまだまだ明らかになっていくのでしょう。

楽しみです。



そして「ボディートリートメントの益は単なるリラックスだけではない」

ということがこのような臨床研究によって世の中に認められつつある

ということも、

アロマテラピーに関わるものとしては、うれしいことです。




アロマウェーブショップでも、

マカダミアオイルは人気商品のひとつ。



パルミトレイン酸は、老化にともなって失われる

お肌のための成分でもあるんです。

使った時のしっとり感は、リピーターになりますよね。

さらにメタボ改善の助けにもなるのなら、素晴らしいことですわ〜。



まだお使いになったことのない方も、

ぜひ選択肢の一つとして取り入れてほしいと思います。

(ナッツアレルギーの方は使えませんので、注意してくださいね)



いろいろなキャリアオイルに、それぞれの特徴と得意分野がありますから

よく知って、上手に使いわけしたいものです。

スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment